規約

第1章 総則

第1条    この会は、福島県立保原高等学校同窓会と称し、事務所を福祉か県立保原高等学校内に置く。

第2条 この会は、会員永く友誼を保ち、相寄り相助けて個人の完成と社会の福祉とに貢献し、進んで母校を後援するを目的とする。

第3条 この会は、前条項の目的を達成するため、下記の事業を行う。

1.母校の各種事業の援助
2.会報及び会員名簿の発行
3.会員相互の連絡及び親睦
4.支部の育成強化
5.その他目的達成に必要な事業

第4条 この会に支部を置くことができる。支部に関する規約は支部において作成し、会長に届け出るものとする。

第2章 会員

第5条 この会は、下記の者を以て組織する。

1.正会員
1.福島県立保原中学校卒業生
2.福島県立保原高等学校並びに併設中学校卒業生
3.保原町立保原高等女学校卒業生
4.その他上記に準ずる者
2.特別会員
1.母校現・旧職員

第3章 役員

第6条 この会に下記の役員を置く。

会長 1名
副会長 5名以内
幹事長 1名
副幹事長 若干名
常任幹事  若干名
幹事  若干名(卒業年度毎)
会計監査  3名
支部長 若干名
庶務会計 若干名

② 役員の任期は2カ年とする。ただし再任を妨げない。

 

第7条 会長、副会長、幹事長、副幹事長及び会計監事は、総会において選出する。

②  幹事は各卒業年度毎に若干名を卒業時、またはその後において選出する。ただし、選出不可能の場合は会長これを委嘱する。

③  支部長は各支部において選出する。

④  常任幹事・庶務会計は会長これを委嘱する。

 

第8条 この会の役員の任務は下記の通りとする。

1.会長は会務を総理する。副会長は会長を補佐し、会長事故あるときはこれを代行する。

2.幹事長は常任幹事会・幹事会を代表し、事業の立案遂行に当たる。副幹事長は幹事長を補佐し、幹事長事故あるときはこれを代行する。

3.常任幹事及び幹事は、重要事項の審議と事業の推進並びに会員との連絡に当たる。

4.会計監査は会計の監査に当たる。

5.支部長は支部を総括し、本部との連絡に当たる。

6.庶務会計は会長の命を受け、会務の処理並びに出納に当たる。

 

第9条 この会に顧問を置くことができる。母校の校長・この会の発展に功績のあった者等の中から 常任幹事会にはかり、顧問として会長これを推戴する。

 

第4章 会議

第10条   この会の会議は下記の通り定める。

1.総会・臨時総会

2.常任幹事会

3.幹事会

第11条 この会の総会は、毎年1回これを開く。臨時総会は、必要に応じ会長これを招集することができる。

② 常任幹事会・幹事会は、会務運営上必要ある場合、会長これを招集する。

第12条   総会は下記の事項を協議するものとする。

1.会務の報告

2.決算の承認及び予算の審議

3.役員の選出

4.事業に関する事項

5.規約の改正

6.その他必要な事項

②常任幹事会は、事業計画・予算の作成及び緊急な会務の処理を審議する。

③幹事会は、必要に応じ重要事項を審議する。

 

第5章 会計

第13条   この会の経費は、会員の入会金・賛助金及び寄付金等を以てこれに充てる。

1.この会の入会金は下記の通りとし、母校在学中に納入するものとする。

全日制課程 年間1,500円ずつ3年間(計 4,500円)

定時制課程 年間  500円ずつ3年間(計1,500円)

2.この会の賛助金は下記の通りとする。

1口 年額1,000円 幾口でも納入することができるものとする。

第14条  この会の会計年度は4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

 

第6章 補則

第15条 この会に右の帳簿を備える。会員名簿・役員名簿・記録簿及び会計簿。

第16条 会長は会務を処理するため常任幹事会の議を経て、細則を定めることができる。

付則 この規約は、昭和61年7月12日より施行する。
  
平成20年6月28日一部改正
平成26年7月5日一部改正