平成29年度 福島支部総会 開催

平成30年2月19日(月) サンパレス福島

保原高校同窓会福島支部(福地雅人支部長)では、去る2月19日18:00より「サンパレス福島」に於いて、平成29年度総会を開催した。
福島市在住在勤の同窓生会員30数名が一堂に会し、盛大に盛り上がりを見せた。
本部からは、菊池正明会長、横山俊邦副会長及び八巻卓夫幹事長が、又母校から安田徹校長が出席した。

岡崎俊二幹事長の司会進行のもと総会次第に則り会が進められた。
福地雅人支部長の主催者挨拶、来賓紹介、来賓あいさつ、議事、と会が進行。来賓祝辞では、菊池会長があと4年後には創立100周年の大きな節目を迎えることになり、その記念事業に今から取り組みをしていること等、近況を交えながらお祝いの言葉を述べた。

安田校長からは、生徒たちの活躍や進路、今年の入試出願状況などについて母校の近況が説明された。特に今年は志願状況が本校では最近になく倍率が上がり、普通科で募集定員88名に対し103名で1.17倍になったこと等がありました。

続いて議事に入り、福地支部長の議長のもと、小林志津子会計により会務報告がなされ全て原案通り満場一致で承認された。
尚、今回出席された会員からの会費の一部を本部事業の「りんどう教育基金」へ寄付して頂く事が昨年同様に承認されました。有り難く御礼申し上げます。
今回は福島信用金庫理事長の樋口郁雄氏と(株)三本杉ジオテック会長の三本杉栄広氏が夫々功績が認められ、国から叙勲を授与されたことが報告され祝福するとともに、スピーチして頂きました。

第二部懇親会では、横山副会長の「乾杯」の発声で和やかに懇親会が繰り広げられ、暫し青春時代に戻ったように往時をしのび、話題に花が咲き、参加者一同楽しい時間を過ごした。
又、100周年をまじかに控え、横山副会長がカンパを呼び掛けたところ、参加者の方々から総計55,000円也の貴重な浄財を賜りました。有り難く御礼申しあげます。名残は尽きないながら定刻が迫り、終盤となる。元応援団の新開裕二会員の指揮により、一同起立して校歌斉唱。続いて同氏の力強い母校へのエールを。そして八巻幹事長による三本締めで中締めとなり、又の再会を期してお開きとなりました。

レポート 八巻
  • 福地雅人福島支部長による主催者あいさつ

    福地雅人福島支部長による主催者あいさつ

  • 来賓祝辞 菊池正明本部会長

    来賓祝辞 菊池正明本部会長

  • 来賓祝辞 母校の安田徹校長

    来賓祝辞 母校の安田徹校長

  • 小林志津子庶務会計による会務報告

    小林志津子庶務会計による会務報告

  • 叙勲を受けられた樋口郁雄福島信用金庫理事長のあいさつ

    叙勲を受けられた樋口郁雄福島信用金庫理事長のあいさつ

  • 樋口理事長を中心に福地支部長と小林役員

    樋口理事長を中心に福地支部長と小林役員

  • 叙勲を受けられた三本杉ジオテック会長のあいさつ

    叙勲を受けられた三本杉ジオテック会長のあいさつ

  • 横山副会長の乾杯発声

    横山副会長の乾杯発声

  • 資金カンパで¥55,000の貴重な浄財報告

    資金カンパで¥55,000の貴重な浄財報告

  • 元応援団の新開裕二氏によるエール、一同校歌斉唱

    元応援団の新開裕二氏によるエール、一同校歌斉唱